メインメニューを開く

大宮藩(おおみやはん)は、下野国、現在の栃木県栃木市大宮町に存在した

藩史編集

下総古河藩主で、徳川綱吉擁立で貢献した大老堀田正俊貞享元年(1684年)に暗殺された。死後、遺領13万石のうち、家督と所領の大半は長男・正仲が継ぎ、正俊の次男・正虎は下野都賀郡で2万石を分与され、大宮藩を立藩した。

正仲はその後、出羽山形藩陸奥福島藩に移封されたが、元禄7年(1694年)に死去した。跡を正虎が継ぐこととなったため、正虎は福島藩に移り、大宮藩は廃藩となった。

歴代藩主編集

堀田家

譜代。2万石。

  1. 正虎