メインメニューを開く

堀田 正高(ほった まさたか)は、下野佐野藩主、のち近江堅田藩の初代藩主。堀田家正高流分家初代。

 
堀田正高
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 寛文7年(1667年
死没 享保13年5月29日1728年7月6日
別名 正有、正在
戒名 慈山元海建功院
墓所 東京都渋谷区広尾の祥雲寺塔頭香林院
官位 従五位下、備後
幕府 江戸幕府
下野佐野藩主→近江堅田藩
氏族 堀田氏
父母 父:堀田正俊、母:稲葉正則の娘
兄弟 正仲正虎正高正武
正室:田中氏、側室:福本氏、仙石氏
正芳(長男)、正冬(次男)、正峯正永
光賀正勤(十男)、堀田正氏(十一男)

徳川綱吉に仕え大老を務めた堀田正俊の三男。母は稲葉正則の娘。正有正在とも。

貞享元年(1684年)、父が暗殺されたときに1万石を分与され、佐野藩主となった。

元禄11年(1698年)3月7日、近江堅田に移封された。

享保7年(1722年)5月9日、七男の正峯に家督を譲って隠居し、享保13年(1728年)5月29日に62歳で死去した。