大山 誠之助(おおやま せいのすけ、1850年 - 1915年7月15日)は、幕末から明治初年に活動した武士。大山巌の弟。大山綱昌の子(三男)。西郷隆盛の従弟。

明治9年(1876年)に西郷隆盛愛加那との娘である菊草(菊子)14歳と婚約。

明治10年(1877年)の西南戦争では薩摩軍に参加し、延岡で政府軍に投降した。捕虜となり、宮城集治監宮城刑務所)で1979年(明治12年)に懲役を終えた後、明治13年(1880年)2月12日に婚礼を挙げる[1]。菊草17歳、誠之助30歳。結婚を機に、菊草は「菊子」と改める。

放免後は特に活動していない。酒ばかり飲む生活、金銭にだらしなく、兄の名声を利用して借金を重ねていた。家庭内暴力もあったらしく、菊子は苦労した。大山巌が生活資金を援助していた。明治26年(1893年)1月5日、巌が西郷菊次郎に「弟(誠之助)がまた不始末を起こして面目ない」と詫びる手紙をだしている。巌は西郷隆盛の妹、大山安子(巌の兄嫁)と相談して、誠之助の借金返済のため、鹿児島の大山家を処分した。誠之助と菊子と子供たちは東京に引っ越し、菊子との間の4人の子供(米子、慶吉、綱則、冬子)を引き取っている。

明治40年(1907年)、誠之助と菊子は別居した。菊子は、当時京都市長をしていた兄・菊次郎の屋敷内に、綱則(次男)、冬子(次女)を連れて身を寄せた。誠之助は、米子(長女)、慶吉(長男)のところに引き取られる。

明治42年(1910年)9月6日、菊子は京都にて47歳で亡くなる。京都での葬儀には、誠之助、西郷糸、大山捨松、有馬国子(大山巌の姉)、西郷松(父の末弟の小兵衛の妻)などが参列した。墓は、東京都杉並区大円寺。

大山菊子の死後、西郷菊次郎が、島津家所有の鹿児島金山館長で鹿児島に赴任するため、4人の子供は大山巌の邸宅に引き取られる。誠之助は、巌の屋敷の敷地内に家を建てられた、長男・慶吉の邸宅に転がり込んで住む。

大正4年(1915年)7月15日、65歳で亡くなる。

息子の大山慶吉は、陸軍士官学校を卒業して将校となっている。

脚注編集

  1. ^ 『南海物語』p208

参考文献編集

  • 『南海物語: 西郷家の愛と哀しみの系譜』