愛加那

愛加那(あいがな、天保8年(1837年) - 明治35年(1902年)8月[1])は、西郷隆盛奄美大島に流罪となった時の島妻。名は愛子とも。奄美大島龍郷町の竜佐栄志の娘[1]。西郷の間に生まれた息子は西郷菊次郎。娘・菊子は大山誠之助(大山巌の弟)の妻となった[1]

登場作品編集

テレビドラマ

脚注編集

外部リンク編集