愛加那

愛加那

愛加那(あいかな/あいがな、天保8年(1837年) - 明治35年8月27日1902年9月28日[1][2][3])は、西郷隆盛安政の大獄の際に、幕府の目から逃れるため、藩命により奄美大島に潜居した時の島妻。

龍郷の田畑家歴代墓地(弁財天墓地)では龍愛子とある。

目次

経歴編集

当時の薩摩藩の藩法で島滞在中だけの妻となり、約3年間を西郷と共に過ごす。

奄美大島・龍郷の名家である龍・田畑家の分家の龍為志(りゅう・ためし)の娘[1]。為志は分家(次男家)の当主為堅の弟で、為堅は分家となってから6代目にあたる。

龍佐民の名がドラマ等でしばしば登場するが、当時佐民(為行)が相続人代理として暫定的に本家を管理していたことによる。また笠利(かさり)氏家譜によれば、父・為勝が始祖・為春から数えて17代目当主にあたり(兄・為善が18代目)、四男とされる佐民(為行)は愛加那の叔父ではない。

1726年に藩政への貢献が認められ、代々外城衆中格(後の郷士格)となり田畑姓を与えられるが、1785年に藩命によりに改める。明治になって田畑に復姓。

小説やドラマ等では貧しい農家の娘とされることがあるが、龍・田畑家は藩財政を支える砂糖生産を管理する為政者サイドなので事実はまったく異なる(そもそも、農民に名字はない)。

笠利氏家譜によると、もともとは龍・田畑家は奄美大島本島の支配者・笠利氏を名乗り、本祖である為春(1482年 - 1542年)は琉球の尚稷王(しょう・しょくおう、1434年没)の孫とされる。1609年の薩摩藩による琉球侵攻を迎え撃ったのが笠利為転。古くから首里大屋職として奄美大島の支配者であったが、薩摩藩の直轄領となり、藩の代官の支配下に入った。

後の龍・田畑家は明治維新まで奄美の実質的な為政者として存続し、幕末期の薩摩藩の主財源であった砂糖生産に大きく貢献することとなる。また上記家譜や『校正鹿児島外史』等によると、先祖笠利氏は源為朝の嫡流であるとされている(嫡男・為頼〈母:阿多忠景の娘〉の子孫)。

愛加那の母は枝加那(えだかな/えだがな)。異母兄弟を含め5人兄弟の4番目(次女)。幼名は於戸間金(おとまがね/おとまがに)。「於」は尊称、「金」は加那の古称なので、名は「とま」。結婚時に西郷が「愛」の名を与え、愛加那と名を変える(愛子とも)。

西郷との間に生まれた長子は西郷菊次郎(後の京都市長他)。娘の菊草(きくそう)は大山誠之助(大山巌の弟)の妻となった[1]

登場作品編集

テレビドラマ

脚注編集

参考文献編集

  • 木原三郎他 『西郷のアンゴ(島妻)-愛加那-』 みずうみ書房 1990年 ISBN 978-4838015474
  • 大江修造 『明治維新のカギは奄美の砂糖にあり-薩摩藩 隠された金脈』 アスキー新書 2010年 ISBN 978-4048684101
  • 『奄美の先駆者 田畑佐分仁』上下 奄美新聞 2009年1月1日 1月4日
  • 伊賀倉俊貞『校正鹿児島外史』清弘堂 明治18年

外部リンク編集