メインメニューを開く
East side of Oshima straight.jpg

大島海峡(おおしまかいきょう)は鹿児島県大島郡瀬戸内町奄美大島加計呂麻島の間にある幅約2km、延長約20kmの海峡である。瀬戸内とも呼ばれる。沿岸はリアス式地形である。波が静かであり台風の際の避難海域として用いられる。海峡西側の加計呂麻島側にある薩川湾は1920年から1945年まで日本海軍の軍港として用いられており、戦艦大和戦艦武蔵も停泊したことがある。1974年には、海峡全域が奄美群島国定公園(2017年より奄美群島国立公園)に指定された[1]座標: 北緯28度08分54秒 東経129度17分12秒 / 北緯28.148289度 東経129.286683度 / 28.148289; 129.286683

脚注編集

  1. ^ 大島海峡”. 鹿児島県奄美パーク. 2018年10月23日閲覧。