メインメニューを開く
本来の表記は「大戸嵜岩枩」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

大戸嵜岩枩(おおとざきいわまつ、1866年8月10日(慶應2年7月1日)-1928年12月28日)は、待乳山部屋尾車部屋陣幕部屋(大坂相撲)に所属した元力士。6代松ヶ根。本名は高橋岩松。現在の秋田県大曲市出身。167cm、86kg。最高位は東前頭2枚目(大阪相撲)。

目次

経歴編集

1888年5月初土俵、1892年6月十両昇進。1893年5月に入幕を果たしたが脱走し、1896年から1899年までは大坂相撲に参加した。1900年1月に西前頭15枚目格で復帰する。そして1914年1月、実に47歳で引退した。江戸時代の生まれで、両国国技館十両の土俵をつとめた力士のひとりである。その後は松ヶ根を襲名したが、1926年1月に廃業した。

成績編集

  • 幕内23場所62勝96敗41休31分預

改名編集

大戸嵜→四ツ車→大戸嵜 [1][2]

出典 編集

  1. ^ http://sumodb.sumogames.de/Rikishi.aspx?r=3521&l=j
  2. ^ 大相撲力士名鑑平成13年版、水野尚文、京須利敏、共同通信社、2000年、ISBN 978-4764104709