メインメニューを開く

大日本帝国憲法第34条は、大日本帝国憲法第3章にある。帝国議会の一院である貴族院の構成について規定した。

これによれば、貴族院は、皇族議員華族議員勅撰議員よりなる。また、貴族院の構成は貴族院令により規定されなければならない。戦後、日本国憲法の施行に伴い、華族制度は廃止され(日本国憲法第14条)、貴族院も廃止されたが、代わりに民選の参議院が設けられ、二院制が維持された。

目次

原文編集

貴族院ハ貴族院令ノ定ムル所ニ依リ皇族華族及勅任セラレタル議員ヲ以テ組織ス

現代風の表記編集

貴族院は、貴族院令の定める所により、皇族華族及び勅任された議員をもって組織する。

参照編集

関連項目編集