大春日雄継
時代 平安時代初期 - 前期
生誕 延暦9年(790年
死没 貞観10年4月23日868年5月19日
官位 従四位下大学博士
主君 仁明天皇文徳天皇清和天皇
氏族 春日部→春日→大春日朝臣
テンプレートを表示

大春日 雄継(おおかすが の おつぐ)は、平安時代初期から前期にかけての貴族儒学者官位従四位下大学博士

経歴編集

越前国丹生郡の出身。承和14年(847年正六位上から従五位下に叙せられる。また、同年同族1名と共に春日部より春日臣改姓し、越前国から左京貫籍を移されている。

嘉祥3年(850年)従五位下・大学博士に叙任され、貞観15年(868年)に没するまで博士を務める。大学博士としての事績として以下がある。

斉衡2年(855年)従五位上、貞観2年(860年正五位下、貞観6年(864年)従四位下に昇叙される一方、貞観5年(863年)には刑部権大輔を兼ねた。またこの間の斉衡3年(856年)には、大春日朝臣姓に改姓している。

貞観10年(868年)2月25日に野火による田邑山陵(文徳天皇陵)兆域の樹木焼失への対応について議論が行われた際、『礼記』では先人の室に火災があった場合は3日間哭すとの記載があることを述べ、それに従うべき旨を奏した。しかし、巨勢文雄による宗廟で火災が発生した際に皇帝素服を着用したという『漢書』における故実[5]に基づくべきとの意見が採用された[6]。その後間もなく、雄継は引退の上表を行うが許されず[7]、4月23日に卒去。享年79。最終官位は大学博士行従四位下。

官歴編集

脚注編集

  1. ^ 日本三代実録』天安2年9月2日条
  2. ^ 『日本三代実録』貞観2年2月10日条,同12月20日条
  3. ^ 『日本三代実録』貞観3年8月16日条
  4. ^ 『日本三代実録』貞観6年2月10日条
  5. ^ 『漢書』武帝紀,昭帝紀
  6. ^ 『日本三代実録』貞観10年2月25日条
  7. ^ 『日本三代実録』貞観10年2月29日条

参考文献編集