メインメニューを開く

大橋 美和子(おおはし みわこ、現姓:安藤、1960年10月31日 - )は、日本の元フィギュアスケート選手(女子シングル)。フィギュアスケート審判員[1]。パティネ商会監査役[2]。父はフィギュアスケート選手の大橋和夫東京都出身。慶應義塾大学卒業[3]

経歴編集

3歳のころから大川久美子コーチにつきスケートを始める。10歳のとき、1970年の第39回ジュニア選手権で優勝(2位は渡辺しのぶ、3位は上野ひろみ)。10歳での優勝は、本大会での最年少優勝である。1972年、第41回全日本選手権で2位に入る。12歳での2位入賞は、稲田悦子以来の小学生での入賞者となった。以降、1974年まで同選手権で3年連続で2位に入り、の渡部絵美を抜くことは叶わなかった。

1973年、第16回全日本フリースケーティング競技大会で、渡部絵美を破って優勝した。

アマチュア引退後は、国際審判員として国内、国際大会で審判を担当している(2007年全日本選手権男子シングル・アイスダンス、2008年NHK杯男子シングル、2010年JGPブラショフ杯女子シングルなど)。

主な戦績編集

大会/年 1970-71 1971-72 1972-73 1973-74 1974-75
全日本選手権 2 2 2
全日本フリースケーティング競技大会 2 1 3
全日本Jr.選手権 1

脚注編集

関連項目編集