メインメニューを開く

大水上神社(おおみなかみじんじゃ)は、香川県三豊市にある神社である。式内社で、旧社格県社讃岐国二宮とされる。

大水上神社
Oominakami Jinjya-Mitoyo01.jpg
社殿
所在地 香川県三豊市高瀬町羽方2677番地2
位置 北緯34度8分53.6秒
東経133度45分20.5秒
座標: 北緯34度8分53.6秒 東経133度45分20.5秒
主祭神 大水上大明神、保牟多別命、宗像大神
社格 式内小社、讃岐国二宮、県社
創建 不詳
地図
大水上神社の位置(香川県内)
大水上神社
大水上神社
テンプレートを表示

目次

概要編集

財田川の支流、宮川の渓谷沿いにある。創建時期は不明で、平安時代以前といわれている。現在の建物は永禄年間の再建したのを、明治以降改築したものである。

近くにある「二ノ宮瓦窯跡」は、平安後期の瓦を焼いた窯の跡であり、1932年(昭和7年)、国の史跡に指定されている。

境内にある「うなぎ淵」は黒と白のウナギがいるといわれ、雨乞いの際、黒いウナギが現れると雨、白いウナギが現れると日照り、カニがあらわれると大風になると伝えられている。

祭神編集

所在地編集

外部リンク編集