メインメニューを開く

大泉 英次(おおいずみ えいじ、1948年 - )は、日本経済学者和歌山大学経済学部名誉教授。2014年4月より追手門学院大学教授[1]。専門は、都市政策。現代の土地所有と資本蓄積、金融制度との関係を研究している。

大泉 英次
Eiji OIZUMI
生誕 1948年(70–71歳)
日本の旗 日本北海道
研究機関 追手門学院大学
和歌山大学
研究分野 都市政策
母校 京都大学
北海道大学
学位 博士(経済学)
テンプレートを表示

1948年北海道生まれ。北海道大学大学院修了。博士(経済学)京都大学、1993年)[2]大学生活協同組合理事長。和歌山放送「経済ジャーナル」コメンテーター。

著書編集

単著編集

共著編集

  • 『新農基法と21世紀の農業・農村』(法律文化社、2000年)
  • 『定常型都市への模索』(日本経済評論社、2005年)
  • 『コモンズ論再考』(晃洋書房、2006年)
  • 『住宅政策の再生』(日本経済評論社、2006年)
  • Seeking Shelter on the Pacific Rim(M.E.Sharpe、2002年)
  • Housing and Social Transition in japan(Routledge、2007年)

共編著編集

  • 『住宅問題と市場・政策』(日本経済評論社、2000年)
  • 『空間の社会経済学』(日本経済評論社、2003年)
  • 『地域再生への挑戦』(日本経済評論社、2008年)

主なテレビ・ラジオ出演編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 研究者総覧 大泉英次”. 追手門学院大学. 2014年12月14日閲覧。
  2. ^ 博士論文 『土地と金融の経済学 : 現代土地問題の展開と金融機構』 - 博士論文書誌データベース

外部リンク編集