大築 邦雄(おおつき くにお、1911年12月14日 - 1991年10月25日[1])は日本作曲家

東京市小石川区新諏訪町(現:東京都文京区後楽)出身。父は麹町女学校を創立した大築佛郎。祖父は陸軍中将大築尚志

東京高等学校 (旧制)理科在学中から作曲を始め、1935年、第4回音楽コンクールに「管絃楽のためのトッカータ」で入選。1936年、宮内省雅楽部募集の雅楽に基づく管弦楽曲のコンクールに「舞」(ダンス・ラント)が入選。1940年京都帝国大学文学部卒。大学在学中、1937年、管弦楽曲「行列」でワインガルトナー賞に2等入選。京都帝大卒業後は同大学院に進み、音楽理論史や日本音楽を研究。

1951年以降は横浜国立大学音楽理論を教える。

脚注編集

  1. ^ 『現代物故者事典1991~1993』(日外アソシエーツ、1994年)p.125

出典編集

  • 富樫康『日本の作曲家』pp.98-102(音楽之友社、1956年)