メインメニューを開く

大聖寺(だいしょうじ/だいせいじ[1])は、愛知県岩倉市にある曹洞宗寺院

大聖寺
Daisho-ji Temple 20160528.jpg
所在地 愛知県岩倉市川井町1296
位置 北緯35度15分55.44秒
東経136度51分50.21秒
座標: 北緯35度15分55.44秒 東経136度51分50.21秒
山号 川井山
宗旨 曹洞宗
本尊 子安観世音菩薩
開山 無学頓了
開基 中巌義空
正式名 川井山 大聖寺
文化財 観音菩薩立像(市指定文化財)
法人番号 1180005011098
大聖寺 (岩倉市)の位置(日本内)
大聖寺 (岩倉市)
大聖寺 (岩倉市)の位置(愛知県内)
大聖寺 (岩倉市)
テンプレートを表示

沿革編集

当寺は慶長5年(1600年)、養岩清奕首座を開基とすると伝えられる。寺号は『寛文村々覚書』では「大正寺」、『尾張徇行記』では「大正寺」「大昌寺」とそれぞれ記されている。天保8年(1837年)、法地に昇格して、大聖寺と改めた。中巌義空を開基として、開山が無学頓了。義空は岐阜県武儀郡下有知村長昌寺の九世で、頓了は長野県松本市にある全久院に住した宗門の学僧である。本尊の子安観世音菩薩は行基作と伝えられている。また、市指定文化財である円空作の観音菩薩立像を所有している[2]

文化財編集

  • 円空作観音立像(岩倉市指定有形文化財)[2]

脚注編集