メインメニューを開く

大藤 修(おおとう おさむ、1948年5月 - )は、日本の歴史学者東北大学名誉教授

目次

来歴編集

山口県生まれ。1971年茨城大学人文学部文学科卒業。75年東北大学大学院文学研究科博士課程中退、同年国文学研究資料館助手、88年同助教授、93年東北大学文学部助教授、2000年同文学研究科教授。2013年定年退任、名誉教授。94年「近世農民と家・村・国家 -生活史・社会史の視座から」で東北大学文学博士

著書編集

  • 『近世農民と家・村・国家 生活史・社会史の視座から』吉川弘文館 1996
  • 『近世の村と生活文化 村落から生まれた知恵と報徳仕法』吉川弘文館 2001
  • 『近世村人のライフサイクル』山川出版社 2003 日本史リブレット
  • 『仙台藩の学問と教育 江戸時代における仙台の学都化』大崎八幡宮仙台・江戸学実行委員会 2009
  • 『検証イールズ事件 占領下の学問の自由と大学自治』清文堂出版 2010
  • 『日本人の姓・苗字・名前』吉川弘文館・歴史文化ライブラリー、2012
  • 『二宮尊徳』吉川弘文館、2015

共編著編集

参考編集