大谷廣次 (2代目)

江戸時代中期の歌舞伎役者

二代目 大谷 廣次(にだいめ おおたに ひろじ、新字体:広次享保2年(1717年) - 宝暦7年6月2日1757年7月17日))は江戸時代中期の歌舞伎役者。屋号駿河屋俳名十町・東洲。

にだいめ おおたに ひろじ
二代目 大谷 廣次
屋号 駿河屋
定紋 丸十 Maru ni Jū-monji (Kutsuwa) inverted.png
生年月日 1717年
没年月日 1757年7月17日
襲名歴 1. 辰松文七
2. 初代大谷文蔵
3. 三代目坂東又太郎
4. 初代大谷鬼次
5. 二代目大谷廣次
俳名 十町・東洲
辰松武左衛門
二代目尾上菊五郎
当たり役
曽我物語』の河津三郎

人形遣い辰松武左衛門の子。はじめ初代大谷廣次の門下。後に人形遣い辰松幸助の門下となり辰松文七。享保20年 (1735) に再度初代廣次の門下に入り、養子となって大谷文蔵と改名。享保21年 (1736) に四代目市村竹之丞の門下に移り三代目坂東又太郎襲名。寛保3年 (1743) には三たび大谷廣次の門下に入り大谷鬼次を名乗る。師死去の翌年の延享5年 (1748) に二代目大谷廣次を襲名した。

先代師匠初代廣次の豪快な芸を受け継ぎ人気を得る。特に『曽我物語』の河津三郎は初代中村助五郎の股野五郎との相性が抜群で「助廣次」と謳われるほどだった。

実子に二代目尾上菊五郎がいるが早世している。

関連項目編集