大野王(おおのおう/おおののおおきみ、生年不詳 - 天平9年7月5日737年8月5日))は、奈良時代皇族知太政官事忍壁皇子の子。官位従四位下弾正尹

経歴編集

和銅5年(712年)二世王の蔭位により无位から従四位下に直叙される。元正朝に入り、霊亀2年(716年弾正尹に任ぜられる。

聖武朝の天平9年(737年)7月5日平城京にて疫病が蔓延する中で卒去。最終官位散位従四位下。

官歴編集

続日本紀』による。

参考文献編集