メインメニューを開く

大関和七郎

大関 和七郎(おおぜき わしちろう)は、江戸時代末期(幕末)の水戸藩士。桜田門外の変井伊直弼襲撃に参加した桜田十八士の1人である。実兄に黒澤忠三郎、甥に広岡子之次郎がいる[1]

 
大関和七郎
時代 江戸時代末期(幕末)
生誕 天保7年(1836年
死没 文久元年7月26日1861年8月31日
改名 忠次郎、恒右衛門、増美、酒泉好吉
墓所 水戸市松本町の常盤共有墓地
官位正五位
主君 徳川斉昭慶篤
氏族 黒澤氏→大関氏
父母 父:黒澤勝正、母:黒澤勝政の娘、養父:大関増賀
兄弟 黒澤忠三郎大関和七郎

弘化3年(1846年)に叔父である大関恒右衛門増賀の養子となって150石の家督を継いだ。安政2年(1855年)に馬廻組に任命され、安政5年(1858年)には大番組に編入される。安政6年(1859年)に戊午の密勅が下ると、兄の黒澤と同じく過激な尊王攘夷派だったことから、返納に反対して奉勅を訴えた。このため幕府の後ろ盾があった藩保守派より圧力を受け、商人に変装して名も酒泉好吉と改めて江戸に潜入する[1]

安政7年(1860年)3月3日の桜田門外の変では大老・井伊直弼の襲撃に参加する。井伊を討ち取ったが負傷したため、肥後熊本藩の江戸藩邸に自首する。後に越中富山藩邸、更にその後但馬豊岡藩邸に拘禁された[1]

文久元年(1861年)7月26日に幕府の評定において死罪となり、斬首された。享年26。明治時代になってから正五位を追贈された[1]

脚注編集

  1. ^ a b c d 家臣人名事典編纂委員会編『三百藩家臣人名事典 (2)』 (新人物往来社1988年) 391頁参照。

参考文献編集

  • 家臣人名事典編纂委員会編『三百藩家臣人名事典 (2)』 (新人物往来社、1988年) ISBN 4404014902