大阪厚生信用金庫

日本の大阪府大阪市中央区にある信用金庫

大阪厚生信用金庫(おおさかこうせいしんようきんこ、英語:The Osaka Kosei Shinkin Bank)は、大阪府大阪市中央区に本店を置く信用金庫である[1]

大阪厚生信用金庫
THE OSAKA KOSEI SHINKIN BANK
大阪厚生信用金庫本店 (2022年6月)
種類 信用金庫
市場情報 未上場
略称 こうせい
本店所在地 日本の旗 日本
542-0082
大阪府大阪市中央区島之内一丁目20番19号
設立 1922年9月9日
業種 金融業
法人番号 9120005002335
金融機関コード 1633
代表者 中村龍男(会長),大出重光(理事長)
資本金 39億4,500万円(出資金)
売上高 33,823百万円(2023年3月)
従業員数 584名
支店舗数 29店舗(支店)
決算期 3月
外部リンク 大阪厚生信用金庫
特記事項:2023年3月31日現在
テンプレートを表示
大阪厚生信用金庫のデータ
法人番号 9120005002335 ウィキデータを編集
貸出金残高 704,989 百万円(2022年3月末現在)
預金残高 1,582,185 百万円(2022年3月末現在)
テンプレートを表示

概要 編集

1922年創業の大阪府下を営業地区とする信用金庫である[2]。大阪府信用金庫協会、近畿地区信用金庫協会、全国信用金庫協会大阪商工会議所に所属する[2]

地域に根差した金融機関を標榜しており[2]不動産業向け融資のノウハウに定評がある[3]

売上高は西武信用金庫に次ぐ業界10位(2023年3月現在)だが、店舗数は府内の大阪信用金庫(72店舗)、大阪シティ信用金庫(87店舗)の半分以下である[1][4]日本経済新聞社の調査によると、顧客満足度は近畿圏で13位(2021年3月現在)[5]

経営状況 編集

預金は1,582,185百万円、貸出金は704,989百万円、自己資本比率は11.87%、不良債権比率は4.58%(いずれも2022年3月現在)[1]

沿革 編集

  • 1922年(大正11年)9月 産業組合法に基づき「有限責任大阪厚生信用組合」として北区木幡町に開業[2]
  • 1948年(昭和23年)5月 大阪市北区堂島に本店移転。
  • 1951年(昭和26年)10月 信用金庫法により「大阪厚生信用金庫」に組織変更。
  • 1953年(昭和28年)9月 本店を大阪市南区(現中央区)清水町に移転。
  • 1973年(昭和48年)1月 南区(現中央区)日本橋2丁目8番14号に本店新築移転。
  • 2002年(平成14年)10月 生命保険の窓販業務取扱開始。
  • 2003年(平成15年)3月 インターネットバンキング取扱開始。
  • 2006年(平成18年)5月 ICキャッシュカード取扱開始。
  • 2008年(平成20年)6月 大阪府内に本店を置く信用金庫相互間ATM手数料無料サービス「しんきん大阪ゼロネット」を開始。
  • 2009年(平成21年)南森町支店開設。
  • 2011年(平成23年)生野支店開設。
  • 2012年(平成24年)西区支店・関目支店開設。
  • 2013年(平成25年)大阪市北区に梅田支店開設。
  • 2014年(平成26年)大阪市阿倍野区に阿倍野支店開設。
  • 2015年(平成27年)吹田市に江坂支店開設。
  • 2016年(平成28年)堺支店開設。
  • 2017年(平成29年)我孫子支店開設。
  • 2018年(平成30年)羽曳野支店を羽曳野市島泉から藤井寺市小山に移転の上、名称を藤井寺支店に改称。
  • 2019年(平成31年)十三支店開設。
  • 2022年(令和04年)3月 中央区島之内に完成した本店ビルへ本社機能を移転[6]
  • 2023年(令和5年)7月に、豊中市桜塚に豊中支店を開設した[7]

職員 編集

職員数は2023年3月現在で584名[2]。2022年度の平均勤続年数は10.2年(府内の大阪信用金庫は2021年度で15.4年[8])、月平均所定外労働時間は2.0時間[7]

店舗 編集

本店営業部
  • 大淀支店
  • 針中野支店
  • 守口支店
  • 天下茶屋支店
  • 深江支店
  • 寝屋川支店
  • 平野支店
  • 藤井寺支店
  • 四条畷支店
  • 港支店
  • 門真支店
  • 花田支店
  • 西田辺支店
  • 鶴見支店
  • 上新庄支店
  • 南森町支店
  • 生野支店
  • 西区支店
  • 関目支店
  • 梅田支店
  • 阿倍野支店
  • 江坂支店
  • 堺支店
  • 我孫子支店
  • 十三支店
  • 八尾支店
  • 上本町支店
  • 阪急茨木支店
  • 豊中支店

その他 編集

  • 平成21年以降、平成31年までの10年間は、毎年新規出店を行っていた。
  • 平成29年3月期の同金庫ディスクロージャー誌によると、平成25年3月期の預金量は5,300億円であったが、29年3月期には2倍近い1兆1,000億円に拡大させている

脚注 編集

  1. ^ a b c 金融機関情報「都道府県別の中小・地域金融機関情報一覧」”. 金融庁. 2023年11月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e 「大阪厚生信用金庫」『日経会社プロフィル』、2023年3月。
  3. ^ 「近畿29信金、純利益15%増、4~9月、経費減や株式売却、低金利競争、本業は苦戦。」『日本経済新聞 地方経済面 近畿B 10ページ』、2015年12月11日。
  4. ^ 「信用金庫」『日経NEEDS業界解説レポート』、2023年10月19日。
  5. ^ 「日経調査:金融機関ランキング――エリア別顧客満足度」『日経ヴェリタス』、2021年3月7日。
  6. ^ “大阪厚生信金、新本店がオープン 学習フロア設置”. ニッキン. (2022年3月22日). https://www.nikkinonline.com/article/37200 2022年6月13日閲覧。 
  7. ^ a b CO-SEI REPORT 2023(ディスクロージャー誌)”. 大阪厚生信用金庫. 2023年11月3日閲覧。
  8. ^ 大阪信用金庫の会社概要 | マイナビ2024”. job.mynavi.jp. 2023年11月3日閲覧。

出典・参考文献 編集

外部リンク 編集