大韓民国映画大賞

大韓民国映画大賞(だいかんみんこくえいがたいしょう、: 대한민국영화대상)は、韓国映画賞[1]韓国のテレビ局文化放送が主催しており、毎年12月に開催される。

2002年に「MBC映画賞」として創設され、翌2003年から現在の名称になる。2009年は開催を見送った。

概要編集

前年の10月28日から開催年の10月25日までに国内の劇場で公開された60分以上の韓国映画を対象に、専門委員500人と一般委員500人、合計1000人の審査委員団が候補作品を審査し、インターネット投票で受賞作・受賞者を決定[1]

歴代作品賞受賞作編集

賞金編集

2008年開催時の賞金は下記の通りである。

  • 最優秀作品賞:5000万ウォン
  • 監督賞:3000万ウォン
  • 主演男優・女優賞:各2000万ウォン
  • 助演男優・女優賞:各1000万ウォンなど、総額2億4000万ウォン。

上記の賞金額は青龍映画賞の賞金額をはるかに上回る[1]

脚注編集

  1. ^ a b c 青龍映画賞 vs 大韓民国映画大賞2008 ソウルナビ 2015年6月15日閲覧。
  2. ^ 第9回大韓民国映画大賞を開催しないinnolife.net

関連項目編集

外部リンク編集