天使のまなざしプロジェクト

天使のまなざしプロジェクトは、バングラデシュ支援のための日本組織
代表は二宮敏泰(にのみや・としやす)。

天使のまなざしプロジェクト
創立者 二宮敏泰
団体種類 非営利団体
設立 2000年
所在地 日本の旗 日本
主眼 バングラデシュ支援
ウェブサイト https://web.archive.org/web/20160321225939/http://blogs.yahoo.co.jp/robertninomiya
テンプレートを表示

概要編集

バングラデシュ識字率医療環境の向上を目指し、チャリティーコンサートなどを通してピルガゾン村に図書館を建設。
プロジェクト名である「天使のまなざし」は、図書館建設の土地を視察しに初めてピルガゾン村を訪れた際の、現地の子どもたちとの出会いが由来。

活動の経緯編集

趣味で組んでいたロックバンドのメンバーの紹介で、ピルガゾン村出身の人物と出会う。
「バングラデシュでは小さな村に病院がほとんどない。原因は、識字率が4割と低く、医師が育たないことにある」という話を聞き、図書館建設を思い立つ。
コンサート現代美術展、寄付金などによって得た資金で土地を買い、図書館の建設を実現。
現在は図書館の隣に診療所を建設する計画とともに、病院でアートを通じて子ども達と会話する取り組みを行う。

外部リンク編集

参考文献編集

  • 日経新聞(2011/05/24)