メインメニューを開く

天狗納豆(てんぐなっとう)とは、納豆ブランド名の一つ。茨城県の名産品、水戸納豆の発祥となったブランド。

歴史編集

江戸時代末期の安政元年に水戸藩士で勤王家の笹沼家に生まれた初代笹沼清左衛門が明治22年に興し、今日の水戸納豆の礎を築いた。中世から近世初期の常陸国主・佐竹常陸介旧臣の系譜を持つ藩士庄屋神官層が主軸となり、八代水戸藩主徳川斉昭公に重用された「藩政改革・尊皇攘夷派」に属した。故に、明治維新の魁となった水戸藩の尊皇攘夷激派、「水戸天狗党」の名を戴き「天狗納豆」とした(納豆メーカーのブランド名にキャラクターが多いのは「天狗」を模倣したため)。極早稲の小粒大豆を使用したこと、また、近代的食品工業としての製造技術を確立し、更にはそれまでの販売員に頼る手法ではなく、開通間もない鉄道の駅や観光地(偕楽園)などでの販売を行う等販売ツールの革新もはかったことで今日の名声を得る。 現在、数社の「天狗」ブランドが存在するが清左衛門の流れを引くのは二社。それぞれ「水戸元祖」と「総本家」を名乗り「老舗」の暖簾を守っている。

リンク編集