メインメニューを開く

天王寺 大(てんのうじ だい、男性、1955年[1] - )は、日本漫画原作者大阪府出身。

代表作は1992年連載開始の「ミナミの帝王」(画:郷力也)、「白竜」(画:渡辺みちお)など。「ミナミの帝王」は、竹内力主演で映画化されており、現在も『週刊漫画ゴラク』にて連載中。「白竜」も白竜主演で実写化されている。漫画家郷力也の実弟である。

別名義に、川辺優がある[1][2]

目次

主な作品編集

天王寺大名義編集

川辺優名義編集

出典編集

  1. ^ a b 「ミナミの帝王 闇の経済学」 日本文芸社公式サイト内。日本文芸社による著者紹介。
  2. ^ いしかわじゅん『漫画ノート』バジリコ、2008年、p.189。