天神社 (奈良市高畑町)

奈良県奈良市高畑町にある神社

天神社(てんじんしゃ)は、奈良県奈良市高畑町にある神社奈良町天神社とも呼ばれる。北天満の天神社で、境内地は約1,000平方メートル。

天神社
Naramachi Tenjin SouthGate.JPG
天神社
所在地 奈良県奈良市高畑町1049
位置 北緯34度40分41.93秒
東経135度50分12.62秒
座標: 北緯34度40分41.93秒 東経135度50分12.62秒
主祭神 少彦名命
菅原道真公
社格 旧村社、神饌幣帛料供進社[1]
創建 承保五年(1078年
本殿の様式 一間社春日造桧皮葺
例祭 10月10日
地図
天神社の位置(奈良市内)
天神社
天神社
テンプレートを表示

祭神編集

本殿編集

歴史編集

略縁起では、承保5年(1078年)の草創とされている。後に、元興寺禅定院鎮護の社、興福寺大乗院の鎮守社となった[2]。祭神はもともと少彦名命であるが、この神は手間天神(てまのあまつかみ)という別名を持つことより、一般にてまてんじんと呼ばれた。後に奈良のゆかりの菅原道真公を相殿に祀るようになった。社伝によると、道真が祀られたのは平安時代白河天皇の御世であったという。

嘉吉元年(1441年)5月6日、猿楽が執り行われた。享保五年(1720年)10月24日夜、天満宮が焼失し、同6年5月に造替されている。

祭事編集

氏子関係の町で四組を編成し、年番を持ち回りする。秋祭礼には渡御行列があり、5月5日の節句には舞楽が奉納されていた。

境内編集

本殿編集

一間社春日造桧皮葺で、江戸時代中期の建築だが細部に古い様式をそなえる。

拝殿編集

桁行二間・梁行一間の向拝唐破風造・桧皮葺・瓦棟で、これも江戸時代中期の建築である。

御廊編集

割拝殿のように馬道をつけており、社務所として利用されている。桁行八間・梁行二間・切妻造・本瓦葺の、江戸時代中期の建築である。

ギャラリー編集

境内社編集

境内社
末社

境内東の一段低いところに、池を中心に配置。

現地情報編集

所在地
交通アクセス

脚注編集

出典編集

[ヘルプ]

参考文献編集

  • 天神社略縁起
  • 奈良市史編集審議会編『奈良市史 社寺編』、吉川弘文館、1985、p81
  • 『奈良県史 5 神社』奈良県史編集委員会、名著出版、1989年。

関連項目編集