メインメニューを開く

奈古屋 元忠(なごや もとただ)は、安土桃山時代から江戸時代初期の毛利家家臣。下松藩家老。父は奈古屋元堯(毛利元堯)。兄に奈古屋元賀。子に奈古屋隆忠通称ははじめ与三右衛門、後に九郎右衛門、対馬と名乗る。

 
奈古屋 元忠
時代 安土桃山時代 - 江戸時代前期
生誕 不詳
死没 寛永7年10月23日1630年11月27日
別名 通称:与三右衛門、九郎右衛門、対馬
主君 毛利輝元毛利就隆
下松藩
氏族 大江姓毛利氏庶流奈古屋家
父母 父:奈古屋元堯
兄弟 元賀元忠
清広院吉見氏家臣・後藤勘左衛門室)
神代忠兼の娘
隆忠小方隆冬十兵衛保宣隆豊
長意念誉、女(堀平左衛門の妻)、
女(村上就次の妻)
テンプレートを表示

生涯編集

毛利元就の家臣である奈古屋元堯の次男として生まれる。天正8年(1580年)に兄・元賀が戦死したため、奈古屋家の嗣子となったが、その後浪人となり、出雲国に居住した。慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後、毛利輝元へ入った際に毛利家へ帰参し、知行200石を与えられる。

慶長7年(1602年)に輝元の次男・就隆が生まれると元忠の妹・清広院(実名・あつ。吉見氏家臣・後藤勘左衛門の妻)が就隆の乳母を務めたが、元忠も慶長9年(1604年)11月に就隆が萩城に移った際に福間元道榎本元信と共に御抱守(養育係)を命じられた。元和3年(1617年)に就隆へ周防都濃郡3万石が与えられた際には元忠や福間が家老として付けられた。以後、奈古屋家は徳山藩の家老を務めることとなる。寛永7年(1630年)10月23日、死去。

参考文献編集