メインメニューを開く

奈良県道21号大峯山公園線

日本の奈良県の道路

奈良県道21号大峯山公園線(ならけんどう21ごうおおみねさんこうえんせん)は、奈良県吉野郡天川村を通る県道主要地方道)である。

主要地方道
奈良県道21号標識
奈良県道21号 大峯山公園線
主要地方道 大峯山公園線
制定年 1955年
起点 吉野郡天川村大峰山登山口【地図
終点 吉野郡天川村大字川合【地図
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0309.svg 国道309号
Japanese Route Sign Number 4.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
都道府県道48号標識
奈良県道48号洞川下市線
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路

概要編集

奈良県吉野郡天川村大字川合から天川村大字洞川に至る。

奈良県道48号洞川下市線とともに、洞川温泉大峰山に至るアクセスルートである。虻トンネルから洞川温泉までは整備された2車線路となっており、起点から虻トンネルまでの区間も順次、拡幅工事が進められている。なお、母公堂(洞川中心部から東へ約2km)から大峯大橋(事実上の終点)までは冬期通行止となる。

この他にも本県道と接続する林道高原洞川線(川上村から大峰山脈を越えてやってくる)と、奈良県道48号線の小南峠区間も冬期通行止めとなるため、本県道が冬の間、洞川へ入れる唯一の道となる。

路線データ編集

  • 起点:吉野郡天川村大字川合(川合交差点の東)
  • 終点:吉野郡天川村大字洞川(大峰山登山口)

歴史編集

地理編集

通過する自治体編集

主な接続路線編集

交差する道路 交差する場所 備考
国道309号 奈良県 吉野郡 天川村 (川合)
奈良県道48号洞川下市線 (洞川)
林道高原洞川線 林道ではあるが、大峰山脈を東西に貫く数少ない道路の一つ

※ 交差する場所の括弧書きは地名、それ以外は交差点名で表示

峠・トンネル編集

  • 虻トンネル(虻峠)- 1988年10月開通、延長275m、幅6.5m、高4.5m

沿線編集

 
途中で洞川温泉の街中を通る。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ s:道路法第五十六条の規定に基づく主要な都道府県道及び市道 - 平成五年五月十一日建設省告示第千二百七十号、建設省

関連事項編集