メインメニューを開く

女三宮(おんなさんのみや)は、

  1. 歴代の天皇の三番目の姫宮(第三皇女)のこと。
  2. 物語に登場する、本名のわからない架空の第三皇女の便宜上の名称。代表的な例として、『源氏物語』に登場する内親王が3人いる。
    1. 桐壺帝の同母妹、頭中将葵の上の母。大宮 (源氏物語)を参照。
    2. 桐壺帝の第三皇女、賀茂斎院。母は弘徽殿女御
    3. 朱雀帝の第三皇女、光源氏の継室。後述。

女三宮(おんなさんのみや・にょさんのみや)は紫式部物語源氏物語』に登場する架空の人物で、第二部といわれる「若菜」巻以降の重要人物。

光源氏の姪にして継室(最初の正妻は葵の上紫の上は正式な結婚手続きを踏んでいないため、正妻格に留まるとする説が有力)。朱雀院の第三皇女、二品内親王。母は藤壺中宮の異母妹である藤壺女御(源氏女御)。落葉の宮(女二宮)は異母姉にあたる。

出家することになった朱雀院が、うら若い女三宮に母も亡く後見人もいないことを不憫に思い、准太上天皇となっていた源氏への降嫁を決断、正妻として六条院の春の町の寝殿に入る。源氏も内親王というブランドを手に入れること、また紫の上と同じく藤壺の姪(紫のゆかり)であることに心を動かされ結婚を承諾してしまったものの、容姿は美しいが藤壺にはさほど似ていなかった事と、父に溺愛されて過保護に育った故の彼女のあまりの幼さに失望し、却って紫の上への愛を増す。しかし、かねて彼女に思いを寄せていた柏木との一方的で強引な逢瀬の結果、不義の子を産むという苦難を経て精神面が急激に成長。さらに事に気付いた源氏に皮肉られ、耐え切れなくなった女三宮は父朱雀院に願って出家する。尼となった若い宮を源氏は今さらのように惜しんだが、宮はもはや源氏に対して見向きもしなかった。

源氏亡き後は六条院を出て、朱雀院から譲られた三条宮で余生を送る姿が「宇治十帖」に登場する。子育てに興味も示さずにただ仏の道にすがる女三宮の姿は、息子の薫の性格にも根深く影響しており、薫が成長してからは却って親のように頼りにしていたという(「匂宮」)。