皇女(ひめみこ/こうじょ/おうじょ)とは皇帝天皇日本においては、内親王号が成立する前に存在した女性皇族身位でもある。皇女に対して皇帝・天皇の息子皇子という。

日本編集

もともとは、ヤマト政権の時代に有力豪族の子弟をさして広く「みこ」(御子)と称されており、しかし、次第に大王の子弟を指すようになるにつれ、大王の娘を「ひめみこ」(姫御子)と呼称するようになった。天皇号の成立とともに皇女の字があてられるようになった。

しかし、8世紀以後、天皇の子女の身位として親王号や内親王号が定着すると、特定の皇族子女の呼称としての皇子・皇女は使用されなくなった。ただし、天皇の女子一般を皇女と呼ぶ習慣は残り、第一皇女子、第二皇女子というように、天皇との続柄を指す場合に多用されるようになった。

特に貴族の社会では、母系の血筋も家門繁栄や昇進の目安であり、母が内親王である者は皇女腹(みこばら)といわれ、母が皇后である后腹(きさいばら)と同様に尊い生まれとされた。

脚注編集

[脚注の使い方]

関連項目編集