メインメニューを開く

女橋』(おんなばし)は、藤本義一小説作品、及びそれを原作としたドラマ化作品である。

概要編集

両腕を失いながらも芸を習い、子供を生み育て何度か死を考えながらもたくましく生きた一人の女の壮烈な一代記。

明治38年夏、大阪の遊郭で妻の浮気がもとで乱心した楼主(垂水悟郎)が日本刀で6人もの人間を殺傷するという事件が起きた。芸妓千代吉・佐原ちよ(市原悦子)は運悪く両腕を切り落とされたものの、九死に一生を得た。

悪夢のような災難にちよは一時絶望的になったがやがて気を取り直し足と口を使って身の回りの始末をすることをおぼえた。そんなちよに突然結婚を申し込んだ男がいた。大阪の画家、谷口艸香(片岡秀太郎)だった。

TVドラマ編集

1983年5月30日7月22日TBS花王 愛の劇場」枠にて放送された。全40話。

キャスト編集

スタッフ編集

関連項目編集

TBS 花王 愛の劇場
前番組 番組名 次番組
めだかの歌
(1983.4.18 - 1983.5.27)
女橋
(1983.5.30 - 1983.7.22)
わが子よIII
(1983.7.25 - 1983.9.2)