メインメニューを開く

女流画家協会(じょりゅうがかきょうかい)は日本の美術団体。1946年に「女流画家の団結により芸術的向上を図り,また新人の登竜門としての意味を以て展覧会を計画す」として桂ユキ子雑賀文子佐伯米子桜井悦桜井浜江遠山陽子仲田菊代中谷ミユキ藤川栄子三岸節子森田元子の11名の発起人により発足した[1]

1947年開催の第1回より年1回女流画家協会展を開催している。例年5月から6月にかけて上野の森美術館で女流画家協会展を開催[1]

女流画家協会展の主な受賞者編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b 第65回記念 女流画家協会展”. 女子美術大学洋画研究室 (2011年5月17日). 2012年5月27日閲覧。
  2. ^ アーティスト・ファイル 福島瑞穂”. 横浜市民ギャラリー. 2012年5月27日閲覧。
  3. ^ Profile”. 遠藤彰子オフィシャルHP. 2012年5月27日閲覧。

外部リンク編集