メインメニューを開く

佐伯 米子(さえき よねこ、1903年7月7日 - 1972年11月13日)は、大正-昭和時代の洋画家

佐伯 米子
生誕 池田米子
(1903-07-07) 1903年7月7日
日本の旗 日本 東京府東京市京橋区銀座尾張町
死没 1972年11月13日(1972-11-13)(69歳)
日本の旗 日本 東京都渋谷区
国籍 日本の旗 日本
教育 東京女学館卒業
著名な実績 洋画家
配偶者 佐伯祐三
受賞 サロン・ドートンヌに入選
第21回二紀展文部大臣奨励賞受賞
選出 二紀会絵画部理事(1949年)
この人物に影響を
与えた芸術家
川合玉堂
モーリス・ド・ヴラマンク

東京府東京市京橋区銀座尾張町(現東京都中央区銀座)出身。旧姓は池田。東京女学館卒。川合玉堂日本画を学ぶ。

1921年佐伯祐三と結婚。1923年夫とともにフランスにわたり、モーリス・ド・ヴラマンクに師事。1925年「アルルのはね橋」がサロン・ドートンヌに入選。

1926年2月帰国し、13回二科展に出品し、5点が入選した。

1927年9月再び渡仏。1928年8月、夫祐三と娘弥智子がフランスで相次いで死去。1928年10月帰国。

1946年三岸節子らと女流画家協会を創立。1949年より二紀会絵画部理事。1967年、第21回二紀展文部大臣奨励賞受賞[1]

脚注編集

  1. ^ 一般社団法人二紀会”. 2015年10月14日閲覧。

出典編集

  • 佐伯米子”. 東京文化財研究所. 2015年10月14日閲覧。