始州(ししゅう)は、中国にかつて存在した隋代から初にかけて、現在の四川省剣閣県一帯に設置された。

魏晋南北朝時代編集

南朝梁により設置された南梁州を前身とする。552年天正元年)、蕭紀により南梁州は安州と改称された。554年廃帝3年)、西魏により安州は始州と改称された[1]

隋代編集

初には、始州は3郡6県を管轄した。583年開皇3年)、隋が郡制を廃すると、始州の属郡は廃止された。竜州静竜郡および潼州潼川郡が廃止され、始州に統合された。607年大業3年)に州が廃止されて郡が置かれると、始州は普安郡と改称され、下部に7県を管轄した[2]。隋代の行政区分に関しては下表を参照。

隋代の行政区画変遷
区分 開皇元年 区分 大業3年
始州 竜州 潼州 普安郡
普安郡 黄原郡 安都郡 静竜郡 潼川郡 普安県 永帰県
臨津県 黄安県
武連県 陰平県
梓潼県
普安県
永帰県
胡原県
黄安県
茂陵県
武連県 陰平県 安寿県

唐代編集

618年武徳元年)、により普安郡は始州と改められた。713年先天2年)、始州は剣州と改称された[3]

脚注編集

  1. ^ 周書』文帝紀下
  2. ^ 隋書』地理志上
  3. ^ 旧唐書』地理志四