孝侯(こうこう、生年不詳 - 紀元前724年)は、中国春秋時代の君主。姓は姫、名は平。

孝侯 姫平
王朝
在位期間 紀元前739年 - 紀元前724年
都城
姓・諱 姫平
諡号 孝侯
没年 紀元前724年
昭侯

生涯編集

晋の昭侯の子として生まれた。紀元前739年、昭侯が潘父に殺害されると、孝侯が晋侯として擁立された[1]。曲沃の桓叔の侵入を撃退し、潘父を処刑した。紀元前726年、軍を発して曲沃の穀物を焼き払って帰還した[2]紀元前724年、孝侯は翼で曲沃の荘伯に殺害された。晋の人々が兵を発して荘伯を攻撃し、荘伯は曲沃に撤退した。孝侯の弟の鄂侯が晋侯に擁立された[1]

脚注編集

  1. ^ a b 史記』晋世家
  2. ^ 水経注』澮水所引『竹書紀年
先代:
昭侯
君主
前739年 - 前724年
次代:
鄂侯