孝敬太皇太后(こうけいたいこうたいごう、? - 万暦25年3月21日1597年5月6日))は、中国万暦帝の敬妃で、南明永暦帝の祖母。皇后に追尊された。姓は李氏。出身は不明。

生涯編集

万暦帝の寵愛を受け、万暦22年(1594年)に朱常潤(恵王)を生んだ。同年に敬妃となった。万暦25年(1597年)3月10日に朱常瀛(桂王)を生み、同月亡くなった。は恭順栄荘端静皇貴妃といい、天寿山に葬られた。

孫の永暦帝が即位すると、孝敬恭順栄荘端靖敬天光聖皇后の諡号を受けた。

外史によれば、李敬妃の死後、万暦帝は遺物で石星から与えられた寝台を発見した。万暦帝は怒り、石星を死に追いやった。

伝記資料編集