南明
大明帝国
明 1644年 - 1662年 清
鄭氏政権 (台湾)
南明の国旗 南明の国章
(国旗) (国章)
南明の位置
南明成立期の最大領域
公用語 中国語
首都 南京紹興福州肇慶
皇帝
1644年 - 1645年 安宗 弘光帝
1646年 - 1661年昭宗 永暦帝
内閣首輔
1644年 - 1644年史可法
1651年 - 1652年沈宸荃
変遷
の滅亡、南京で南明成立 1644年6月19日
福州に遷都1646年8月18日
肇慶に遷都1646年12月24日
ビルマに逃れる1659年
崩壊1662年6月1日
現在中華人民共和国の旗 中国
香港の旗 香港
マカオの旗 マカオ
ミャンマーの旗 ミャンマー
台湾に拠った鄭成功の子孫が1683年まで抗戦を続け、明の命脈を保った。

南明(なんみん)は、亡命政権。明の皇族によって1644年から1661年までの間に華中、華南に立てられた亡命政権の総称である。

概要編集

 
南明の最大勢力圏

この王朝は、清王朝から見て中国の方にあったことから、明王朝の崩壊後に建てられた政権を南明と称している。この1644年から1661年までの間には皇族によって1644年から1661年までの間に華中、華南に立てられた亡命政権の総称。明王朝が李自成によって亡ぼされた後、明王朝の皇族たちや官吏たちは中国の南方に逃れ、亡命政権を建てることで清王朝に対抗した。皇帝や監国を名乗った旧皇族らは南の江南各地で清王朝に対抗した。李自成が北京を陥落させ、明王朝最後の皇帝であった毅宗崇禎帝が自殺して明王朝が滅び、李自成が太祖を名乗って「大順帝国」を建国すると、旧皇族、官吏らによる明王朝復興、反清運動が相次いで起こった。最初に設立されたのは南京の福王政権で、福王は万暦帝の孫にあたり、史可法、馬士英ら旧明王朝の官吏に擁立されて弘光帝をとなえた。また、それに続いて永明王が永暦帝を名乗り、唐王が隆武帝を称するなど、他にも皇族たちが中心となって個々に政権を建て、北方の清王朝と争った。

別称編集

 
隆武帝

また、福王・朱由崧(弘光帝)、唐王・朱聿鍵(隆武帝)、永明王・朱由榔(永暦帝)の3皇帝を併せて「三藩」ととも言い、三藩に魯王・朱以海を加えて「四藩」と呼ばれることもある[1]

歴史編集

背景編集

1644年に農民反乱を指導した李自成北京を陥落させ、崇禎帝は景山で自殺した。李自成は自身の王朝「順帝国」を建国する。副都・南京の官僚は江南へ退避していた皇族の中から新帝擁立を試み、史可法東林派は魯王・朱以海を、馬士英ら反東林派の官僚や宦官らは福王・朱由崧を主張する。5月、福王は南京へ入り即位し(弘光帝)、史可法らは失脚する。だが、この間に軍が満州から中国本土へ侵入して呉三桂ら明の旧官僚・軍人を傘下に入れながら李自成を滅ぼし、華中華南へと進出を図っていた。

変遷編集

1641年李自成が洛陽を攻撃し、そこに居た皇統に近い明の皇族・福王朱由崧河南懐慶府(現在の沁陽市)に逃れた。翌年、懐慶府が李自成によって落とされると朱由崧は淮安に逃れた。

1642年5月に潞王朱常淓中国語版を礼部侍郎の銭謙益史可法東林系の一派らが擁立した。

逆に鳳陽総督の馬士英阮大鋮ら宦官派は福王朱由崧南京にて擁立して潞王派と対決したが、結局は福王朱由崧が擁立され、初め監国を称し、まもなく年号を「弘光」と定めて皇帝を称し、名実ともに明王朝の亡命政権が成立するのだった。しかし、遊興にふける弘光帝は政務は馬士英、阮大鋮に委任し、自らは遊び暮らすありさまであり、それをよいことに南京政権で内部抗争が絶ず、混乱が続く。

1645年清軍揚州を制圧した。その後、揚州の無防備な民間人を10日間にわたって清兵が大量虐殺を行ったい、その後、虐殺された揚州の市民達の遺体が回収され、それだけでも遺体は80万体を超えたという。その影響により、揚州と言う町の壊滅と言う事件のみにより南明から清朝初期にかけて、中国の人口は1億4000万人から1600万人ほどに激減し、中国経済は(商業都市の壊滅によって)大いに打撃を受けた。

1645年4月、の軍勢が侵攻し、清軍が南京を占領すると、蕪湖に逃れて黄得功中国語版の支援を要請したが、南京が陥落して弘光帝の政権は崩壊した。弘光帝北京に送られて、翌年に処刑された。死後に諡られた諡号は奉天遵道寛和静穆修文布武温恭仁孝簡皇帝で、廟号は安宗と成った。

1645年、朱由崧が弘光帝として即位して南明政権を樹立したころ、洪武帝の10世の孫である朱以海は、弘光帝によって魯王に封じられた。南京で弘光帝が清軍に敗北したことにより浙江紹興で監国を称した。同年6月、魯王が擁立され、監国と称して紹興に亡命政権が立てられる。

同時に唐王・朱聿鍵が「隆武」の元号を立て、隆武帝として鄭芝龍、黄道周らに推されて帝位に即き、福州で即位し、鄭芝龍黄道周らに補佐され、ここに南明は2人の皇帝が擁立されて分裂状態となった。また、唐王は同族である桂林の靖江王の朱亨嘉が魯王に続いて「監国」と称すると、両広総督の丁魁楚に命じてこれを討伐させて、これを捕らえて福州に連行させて王位を剥奪した挙句に、獄死させた。

魯王と唐王は正当性を巡って争ったが、1646年6月には紹興などが清に攻略され、魯王は海上へ逃れて鄭成功の元へ身を寄せた。これにより隆武帝が唯一の皇帝となる。1646年8月に清は福州へ侵攻し、清軍が攻撃すると更に汀州に逃れたが、清の李成棟の軍によって捕らえられ、隆武帝政権も崩壊する。また、数日後には皇后曾氏と宦官10人ほどが入水自殺し、隆武帝は絶食して自殺した。享年45であった。

その後、弟の紹武帝が皇位を継ぐが、これも同年のうちに清に敗れて自殺した。

 
孝正太后(永暦帝の嫡母)によるローマ教皇への救援要請。卜弥格がラテン語に翻訳。外国の救援を求めねばならない程に、末期には衰退していた。
 
永暦帝殉国の碑
 
永暦帝一行の進路

1646年10月、桂王・朱由榔が肇慶で監国を称し、11月に即位して永暦帝政権が成立する。皇帝に即位する前は「永明王」の地位にあった。永暦帝は万暦帝の孫であり、李定国鄭成功らの協力を得て、広東省から広西、貴州、雲南地区を勢力下置いた。また、鄭成功らに擁されて各地で抵抗し、一時は清を圧倒した。しかし、内部の権力闘争で徐々に弱体化し、やがて清軍の攻勢を受け支配地域は縮小し、放浪の末にビルマ王国(現在のミャンマー)の王ピンデール・ミン王英語版のもとに逃れ、庇護を受けている。しかし、この時に永暦帝に従った家臣はわずか650人程度に過ぎなかった。

しかし、ビルマにのがれた後も清朝に投降した呉三桂の攻撃を受けて永暦帝は清軍に身柄が引き渡された。清の呉三桂に捕らえられて雲南へ連れられ、1661年昆明で殺された。享年40。こうして、明の皇帝を称する人物は絶えた。

なお、永暦帝の死後も、朝鮮では、清を認めず、彼の年号である「霊力」を紀年にした。

一方、1661年5月、明の復興を目指す皇族である魯王・朱以海を保護し頂く鄭成功の軍団は清への反攻の拠点を確保するために当時オランダの支配下にあった台湾へ進出し、鄭成功の一団が南部台湾支配の拠点であったゼーランディア城を占領、その町「赤崁」を東都明京と定め「東都」と命名した。1662年には、魯王を擁護する鄭氏政権を樹立した。

行政区画として、鄭成功は新たに下部に一承天府)二を設置し、これとは別に離島の澎湖諸島を支配するために澎湖安撫司を設置し、支配を固めた。しかし、その支配はあまり長くは続かす、同年中には魯王と鄭成功と言う2大柱が病死し、そのことにより南明の滅亡は決定的となったのである。

鄭成功の死後、息子の鄭経は承天府及び東都を廃止し、国号東寧王国と改号、天興県と万年県を州と改めた。この他澎湖安撫司以外に南北路両安撫司を新たに設置するなどした。

その後編集

その後も鄭成功の遺族によって抵抗は続けられるが、1683年鄭氏政権東寧王国)は鄭成功の孫の鄭克塽が清へ降伏し、明再興の道は絶たれた。鄭氏王室による統治されていた東寧王国は23年間で終了し、明の命脈は絶えた。

なお、台湾の東寧王国は諸外国(日本イギリスなど)から正式に国家として承認を受けた政権(王国)であるため、厳密には南明の流れを汲み、台湾で独自の政権を築いたと言える。

南明の君主編集

歴代皇帝編集

監国編集

東寧国王編集

  • 鄭経(延平王、在位1642年10月 - 1681年3月)
  • 鄭克塽(延平王、在位1681年3月 - 1683年9月 )

その他の王編集


南明の元号編集

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集