メインメニューを開く
中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明
西周
東周 春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋 十六国
南北朝 北魏
西魏 東魏
北周 北斉
 
 
五代十国
北宋 西夏
南宋
北元
後金  
 
満洲 中華民国
 
中華人民共和国 中華民国
台湾
中国の歴史年表
中国朝鮮関係史
Portal:中国
南明の最大勢力圏

南明(なんみん)は、皇族によって1644年から1661年までの間に華中、華南に立てられた亡命政権の総称。

目次

概要編集

1644年に農民反乱を指導した李自成北京を陥落させ、崇禎帝は景山で自殺した。副都・南京の官僚は江南へ退避していた皇族の中から新帝擁立を試み、史可法東林派は魯王・朱以海を、馬士英ら反東林派の官僚や宦官らは福王・弘光帝を主張する。5月、福王は南京へ入り即位し、史可法らは失脚する。だが、この間に軍が満州から中国本土へ侵入して呉三桂ら明の旧官僚・軍人を傘下に入れながら李自成を滅ぼし、華中華南へと進出を図っていた。1645年4月、清の軍勢が侵攻し、南京が陥落して南明政権は崩壊した。

1645年6月、魯王が擁立され、監国と称して紹興に亡命政権が立てられる。同時に福州で唐王・隆武帝が隆武帝として即位し、鄭芝龍黄道周らに補佐され、ここに南明は2人の皇帝が擁立されて分裂状態となった。魯王と唐王は正当性を巡って争ったが、1646年6月には紹興などが清に攻略され、魯王は海上へ逃れて鄭成功()の元へ身を寄せた。これにより隆武帝が唯一の皇帝となるが、1646年8月に清は福州へ侵攻し、隆武帝政権も崩壊する。その後、弟の紹武帝が皇位を継ぐが、これも同年のうちに清に敗れて自殺した。

1646年10月、桂王・朱由榔が肇慶で監国を称し、11月に即位して永暦帝政権が成立する。永暦帝は万暦帝の孫であり、鄭成功に擁されて各地で抵抗し、一時は清を圧倒したが、清の呉三桂に捕らえられて雲南へ連れられ、1661年昆明で殺された。一方、魯王・朱以海を保護する鄭成功は清への反攻の拠点を確保するために台湾へ進出し、1662年鄭氏政権を樹立したが、同年中に魯王・朱以海と鄭成功が病死して南明の滅亡は決定的となった。その後も鄭成功の遺族によって抵抗は続けられるが、1683年に鄭氏政権は清へ降伏し、明再興の道は絶たれた。

南明の皇帝・監国編集

南明の元号編集

関連項目編集