孝章世子(こうしょうせいし、ヒョジャンセジャ、효장세자康熙58年2月15日1719年4月4日) - 雍正6年11月16日1728年12月16日))は、李氏朝鮮の第21代王英祖の長男。(ヘン、)、幼諱は萬福。廟号真宗(チンジョン、진종)、温良睿明哲文孝章大王からの諡号は恪愍王。母は靖嬪李氏。世子になったが、幼くして病死したため王位に就くことができなかった。

生涯編集

1724年、父の即位に伴い敬義君に封じられた。翌1725年王世子に冊立された。1726年に7歳で孝純王后趙氏と結婚した。しかし、3年後の1728年昌慶宮資善堂で死去した。享年9歳(数え年で10歳)。父である英祖は、病床の世子に付き添った。それに対して世子は、親孝行ができなかったと思い悲しんだという。陵墓は京畿道坡州市ある永陵。死後、妃の孝純王后も葬られ、現在はともに眠っている。死後、異母弟である李愃(荘献世子、荘祖)の息子・李祘(正祖)が孝章の養子となり、即位後に真宗の廟号をもって追尊した。1899年には、高宗昭皇帝の諡号で追尊した。

家族編集

  • 父:第21代国王 英祖
  • 母:靖嬪李氏(1694年 - 1721年)
  • 姉:和憶翁主(1717年 - 1718年)
  • 妹:和順翁主(1720年 - 1758年 月城尉 金漢藎夫人)
  • 正妃:孝純王后趙氏(1716年 - 1751年 豊壌趙氏の趙文命の娘)
    • 養子:第22代国王 正祖(血縁関係では甥に当たる)
    • 嫁:孝懿王后金氏