孝閔帝(こうびんてい)は、北朝北周の初代天王。姓は宇文(かく)。陀羅尼。北周の創始者とされるものの、実質は従兄である宇文護の傀儡であった。

孝閔帝 宇文覚
北周
初代天王
王朝 北周
在位期間 557年2月15日 - 10月頃
都城 長安
姓・諱 宇文覚
陀羅尼
諡号 孝閔皇帝
生年 大統8年(542年
没年 557年
宇文泰
馮翊公主
后妃 崇義皇后元胡摩
陵墓 静陵

生涯編集

大統8年(542年)、西魏の実力者宇文泰の三男として同州の官舎で生まれた。母の馮翊公主北魏孝武帝の妹である。9歳の時に西魏の略陽郡公に封ぜられた。『周書』孝閔帝紀によれば、高貴となるが長寿には恵まれない人相と占われたとされる。

556年3月、安定公世子となり、宇文泰の嫡子と認められた。4月、大将軍に任ぜられた。10月に宇文泰が死去すると、太師・大冢宰の位を継いだ。12月、周公に封じられ、恭帝から禅譲の詔が出された。557年1月、天王として即位した。これにより北周が建国されるが、宇文泰の甥で孝閔帝擁立の立役者である宇文護が、趙貴独孤信などの政敵を粛清して、実権を掌握した。

『周書』によると孝閔帝の性格は剛毅果敢とされ、その年の9月には宇文護の専横を排除すべく近臣たちと宇文護殺害の計画を練るが、事前に露見して廃位され、略陽公に落とされて幽閉ののちに殺害された。時に16歳。庶長兄の宇文毓(明帝)が宇文護に擁立された。

後に宇文護が弟の武帝宇文邕によって誅殺されると名誉回復がなされ、孝閔皇帝とされた。

宗室編集

后妃編集

  • 皇后 元胡摩(西魏文帝の皇女、晋安公主)
  • 夫人彭氏、夫人陸氏

男子編集

  • 宇文康(紀王) - 母は夫人陸氏。唯一の実子で550年代の生まれ。561年に紀国公に、574年に紀王に封じられた。傲慢に傲慢を重ねた性格で、諫言をした家臣を殺したことで武帝により、576年賜死に追い込まれた。享年は20代と考えられる。

その他の子孫編集

  • 宇文湜(紀王) - 宇文康の子。576年の父の死により、紀王の位を継承。581年、北周皇族である宇文氏の血を引く男子の粛清を進めていたの文帝楊堅により誅殺された。生年不詳の為、享年はわからない。なお、『周書』と『北史』には宇文康の子と記述されているが、『資治通鑑』には孝閔帝(宇文覚)の子とされている。いずれにせよ、孝閔帝に宇文康と宇文湜以外の子孫は無く、宇文湜が楊堅に殺されたことで細々と続いていた孝閔帝の血筋は途絶え、その他の男子も傍系の宇文洛(孝閔帝の父の宇文泰の祖父の弟である宇文阿頭の曾孫で、宇文仲の子の宇文興の子)の系統を除いて根絶やしにされ全滅した。宇文洛の跡は宇文裕(宇文洛の子)、宇文延(宇文裕の子)、宇文離惑・宇文遠惑兄弟(宇文延の子二人)、宇文庭立(宇文離惑の子)と少なくとも4代存続し、に仕えたことが記録で確認される。
先代:
北周の初代天王
557年
次代:
明帝