孟 昶(もう ちょう)は、十国後蜀の第2代(最後)の皇帝。高祖孟知祥の第五子。後世の史家からは後主と呼ばれている。

後主 孟昶
後蜀
第2代皇帝
王朝 後蜀
在位期間 934年9月10日 - 965年2月23日
姓・諱 孟仁賛→孟昶
保元
諡号 睿文英武仁聖明孝皇帝
生年 貞明5年11月14日
919年12月9日
没年 乾徳3年6月11日
965年7月12日
高祖
李氏
年号 明徳 : 934年 - 937年
広政 : 938年 - 965年

生涯編集

若い頃は行軍司馬を務め、明徳元年(934年)に父が皇帝として自立すると東川節度使に任じられた。

高祖の崩御により即位すると、不法をほしいままにしてきた旧臣の李仁罕張業らを誅殺し、農業養蚕を推奨し、科挙を実施して国内の安定を図った。また諫言に耳を傾けることで政治改革も実行している。

後主はまた文化を愛好し、彼の後宮には花蕊夫人のような、詩才に優れた女性もいた。

しかし晩年は奢侈に溺れて国政を省みず、国内から女性を選抜して後宮を拡張したり、名宝の蒐集に力を注いだりしたので、朝政は大いに乱れた。

広政18年(955年)に西北四州が後周に奪われると、その版図も次第に周辺から侵食されるようになる。広政27年(964年)にはの侵攻を受けるに至り、翌28年に宋に降伏したことで後蜀は滅亡した。

亡国後は検校太師兼中書令・秦国公に封じられ、乾徳3年(965年)に開封で死去したが、趙光義(後の太宗)による毒殺説もある。死後は楚王に追封され、恭孝の号が贈られた。

宗室編集

妻妾編集

  • 慧妃費氏(花蕊夫人)、貴妃張太華
  • 昭儀李艶娘

子女編集

  • 男子:孟玄喆(太子)、孟玄玨(褒王)、孟玄宝(遂王)
  • 女子:鑾国公主、鳳儀公主
先代:
高祖
後蜀の第2代皇帝
934年 - 965年
次代:
滅亡