メインメニューを開く

孟 高(もう こう、? - 370年)は、五胡十六国時代前燕の武将・政治家。

生涯編集

前燕に仕え、左衛将軍に任じられた。

369年7月、東晋の大司馬桓温が前燕征伐の兵を興して武陽に駐屯すると、前燕の元兗州刺史孫元は一族郎党を率いて桓温に呼応した。9月、桓温が軍を撤退させると、孫元は武陽に逃走を図った。孟高はこれを攻撃し、孫元を捕縛した。

370年8月、桓温が前燕の揚州刺史袁瑾の守る寿春を包囲すると、孟高は騎兵を率いて袁瑾救援に向かい、淮北に至った。だが、渡河する前に前燕と前秦の戦争が始まったので、前燕皇帝慕容暐は孟高を呼び戻した。

11月、前秦の攻勢によりが陥落すると、慕容暐は城から脱出して龍城へ向かった。この時、前燕の兵は殆ど散亡してしまったが、孟高は彼の側に侍って護衛した。逃亡は困難を極め、野盗にも襲撃されたが、これと戦いながら前進した。数日して福禄へたどり着き、塚で一休みしていると、20人余りの賊に襲われた。賊はみな弓矢を持っていたが、孟高は刀を抜いて戦い、数人を殺傷した。彼は力を尽くして死に物狂いで奮戦を続け、賊の1人を抱いて地面へ叩きつけると「男たる者が窮しようか!」と叫んだ。だが、残った賊が矢を射掛けると、遂に孟高は射殺された。殿中将軍艾朗もまた共に奮戦し、戦死した。慕容暐はこの混乱で馬を失ったが、無事に逃げ果せる事ができた。

後に慕容暐は郭慶に捕らえらて鄴へ送られたが、この時に前秦君主苻堅へ孟高と艾朗が忠義に殉じた事を語った。そのため、苻堅は孟高らを厚く埋葬し、その子らを郎中に抜擢した。

参考文献編集