メインメニューを開く

孫子

ウィキメディアの曖昧さ回避ページ

孫子(そんし)

孫武と孫臏は、共に『孫子』と呼ばれる兵法書を著したと伝えられている。一般に孫子という通称は孫武を指すことが多く、現在『孫子』として知られる著作は孫武のもので、かつては『呉孫子』といい『斉孫子』(孫臏の兵法書)とは区別されていた。後者は長らく失われていたが、近年山東省でその竹簡が発掘され日の目を見た。この『斉孫子』は現在では『孫臏兵法』と呼ばれている。

関連項目編集

外部リンク編集