孫臏兵法』(そんぴんへいほう)は、中国戦国時代軍師孫臏が著したとされる兵法書。

1972年に山東省臨沂県銀雀山で出土した『孫臏兵法』の竹簡(山東省博物館蔵)

発掘の経緯編集

1972年4月、中華人民共和国山東省において、漢代の墓が二つ並んで発掘された。ただちに山東省博物館から来た専門家が検証した。後に銀雀山漢墓群と称されるようになるこの現場で発掘された、竹簡形式の多数の書物の中で竹簡孫子に『孫臏兵法』が発見された。書物と同時に発掘された古銭の形状、および同時に発掘された漢武帝元光元年暦譜から、年代がおおよそ紀元前134年~118年と推定された。

これまで、有名な『孫子』の兵法書について孫武が著したという説と孫臏が著したという説が対立していたが、この『孫臏兵法』が発見されたことにより、孫臏の著書は『孫臏兵法』だから『孫子』の著者は孫武であるという説が現在では有力になっている。ただし、いずれの書も後世の仮託の可能性が残る。

『孫臏兵法』の刊行・構成編集

『孫臏兵法』は竹簡440枚、全30篇に分かれており、原文では内21篇に篇名が銘記されている。

関連項目編集