メインメニューを開く

孫 抄弄(ソン・チョロン、朝鮮語: 손 초롱1987年2月28日 - )は、大韓民国の女子プロボクサーである。城南市出身。第2代WBA女子世界ミニマム級王者。

孫 抄弄
基本情報
本名 손 초롱
階級 ミニフライ級
身長 158cm
国籍 大韓民国の旗 大韓民国
誕生日 (1987-02-28) 1987年2月28日(32歳)
出身地 城南市
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 15
勝ち 11
KO勝ち 3
敗け 4
テンプレートを表示

目次

来歴編集

2004年5月8日、17歳でプロデビュー。Kim Ji-Yangに1RKO勝ち。

その後勝ち星を重ね、3戦目で韓国女子フライ級王座獲得。4戦目でライトフライ級も獲得し2階級制覇。

2005年11月12日、メリッサ・シャファーIFBA世界ミニマム級王座を争い、判定で世界タイトル獲得。

2006年5月20日、上村里子の挑戦を退け王座初防衛。

12月9日、ルオ・ユイジエとWBA女子世界同級王座を争い、2-1の僅差で2冠獲得。

その後WBA王座を2度防衛。

2009年4月11日、大阪多田悦子を相手に3度目の防衛戦に挑むが、大差判定でプロ初黒星とともに王座陥落。

2011年10月1日に国内で再起戦を勝利した後、11月30日に東京で富樫直美が持つWBC女子世界ライトフライ級王座に挑戦するが、判定で敗れ2階級制覇ならず。

2012年4月10日、東京で柴田直子が持つOPBF東洋太平洋同級王座に挑むが、判定負け。

2013年7月22日、東京で江畑佳代子とのOPBF東洋太平洋フライ級王座決定戦に挑む[1][2]が、0-3判定負け[3]

戦績編集

  • 15戦11勝(3KO)4敗

獲得タイトル編集

  • IFBA世界ミニマム級王座
  • 第2代WBA女子世界ミニマム級王座

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

空位
前タイトル保持者
ヴァイア・ザガナス
第2代WBA女子世界ミニマム級王者

2006年12月9日 - 2009年4月11日

次王者
多田悦子