メインメニューを開く

江畑 佳代子(えばた かよこ、1976年1月7日 - )は、日本のプロボクサーである。東京都品川区出身[1]ワタナベボクシングジム所属。広告代理店のクオラス(旧協同廣告)に勤務の傍らアマチュアで活躍後プロとなった[2][3]。第3代OPBF東洋太平洋女子フライ級王者。第6代WBO女子世界ミニフライ級王者。

江畑 佳代子
基本情報
本名 江畑 佳代子
階級 ミニフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1976-01-07) 1976年1月7日(43歳)
出身地 東京都品川区
スタイル オーソドックス
プロボクシング戦績
総試合数 20
勝ち 12
KO勝ち 6
敗け 8
テンプレートを表示

来歴

  • 東京都立大崎高等学校卒業。同期に後に江畑と同じワタナベジムに所属し、女子世界チャンピオンとなった富樫直美がいる。
  • 格闘技好きの兄に影響され、日本大学でキックボクシング部のマネージャーを務める一方、ワタナベジムでボクシングを始める。
  • アマチュアでリングに上がり、全日本大会では非公認時代の2000年から4連覇、2006・2007年はフライ級で連覇を果たした。
  • 2007年11月19日、タイバンコクでプロデビュー。かつて菊地奈々子と世界王座を争ったノンマイ・ソー・シリポーンに判定勝ちを収めWBCインターナショナルミニマム級王座を獲得。
  • 2008年4月26日、カンボジアプノンペンにてサムソン・ソー・シリポンが持つWBC女子世界ライトフライ級王座に挑むが判定負け。この試合が日本ボクシングコミッション(JBC)による女子認定後初の世界戦となった。
  • 2009年2月26日、プロ初の国内での試合としてキム・ジスクと対戦。10か月ぶりの試合であったが、3RKO勝ち。
  • 6月26日、元WBC女子世界王者菊地奈々子とOPBF東洋太平洋女子ライトフライ級初代王座を懸けてタイトルマッチに挑むが、敗退。またしても王座獲得ならず。
  • 2010年5月17日、さいたまスーパーアリーナにて天海ツナミが持つWBA女子世界スーパーフライ級王座に挑むも、3-0で判定負け[4]
  • 2011年5月8日、柴田直子と空位のOPBF東洋太平洋女子ライトフライ級王座を懸けて対戦するが、負傷判定でまたしても王座獲得ならず[5]
  • 2011年11月30日、マイムアン・シットクルシンと6回戦で対戦し、判定勝利[6]
  • 2012年12月8日、フィリピンマニラにてクリスティーン・ラトゥープに4回TKO勝利。1年以上のブランクで敵地にもかかわらず約3年ぶりのKOを挙げた。
  • 2013年3月3日、約1年3ヶ月ぶりとなる国内での試合でヨクファー・シットクルシンに5回TKO勝利。G Legendライトフライ級王座に認定された。
  • 2013年7月22日、前王者真道ゴーの世界王座奪取に伴い空位となったOPBF東洋太平洋女子フライ級王座決定戦として元WBAミニマム級王者孫抄弄と対戦[7][8]。3-0判定でタイトル獲得[9]
  • 2013年11月28日、ナンシー・フランコとのIBF女子世界ミニフライ級王座決定戦に挑むが、0-3判定で敗れ3度目の挑戦も実らず[10]
  • 2014年8月27日、新宿FACEにてペッチパヤ・モークルンテップトンブリ(タイ)相手に再起戦(ノンタイトル6回戦)を行い、3-0判定で勝利したものの、クリーンヒットが少なくクリンチの多い噛み合いの悪い試合展開だった[11][12]
  • 2015年5月6日、大田区総合体育館にてWBO女子ミニフライ級王者池原シーサー久美子に挑戦(WBAスーパーフェザー級の内山高志 vs ジョムトーン・チューワッタナ、WBAライトフライ級田口良一 vs クワンタイ・シスモーゼンとのトリプル世界戦[13]。しかし、7回負傷判定で敗れ4度目の挑戦も実らず、試合後に引退表明[14]
  • しかし、後に引退を撤回し、2016年3月1日に再起戦としてソーンサワン・サラカーンジム(タイ)と6回戦を戦い、5回TKOで再起を果たした[15]
  • 2016年9月21日、池原シーサー久美子に再挑戦[16]。10回をまたしても1-2の判定で王座奪取ならず[17]
  • 2017年1月17日、スーダ・サックナロンを4回TKOで沈め再起を果たす[18]
  • 2017年5月19日、池原が引退のため空位となったWBO女子ミニフライ級王座をWBCアジアコンチネンタル王者塙英理加と争い[19]、3-0判定で勝利し6度目の挑戦で初の世界王座戴冠を果たした[20]。41歳4か月12日で世界王座獲得は国内では池山直藤岡奈穂子に次ぐ3位、初獲得では2位記録である。
  • 2018年3月8日、元IFBA王者パク・ジヒョンを2-0判定で勝利し初防衛成功[21][22]
  • 2018年12月1日、大阪府立体育会館にて元WBA・IBF世界王者多田悦子を迎え撃つが、0-2判定で敗れ2度目の防衛失敗、敵地で王座陥落となった[23]

戦績

  • プロボクシング:20戦 12勝 6KO 8敗
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2007年11月19日 8R 判定3-0 ノンマイ・ソー・シリポーン   タイ プロデビュー戦
2 2008年4月26日 10R 判定0-2 サムソン・ソー・シリポーン   タイ WBC女子ライトフライ級タイトルマッチ
3 2009年2月26日 3R 1:10 TKO 金知淑   韓国
4 2009年6月26日 10R 判定0-3 菊地奈々子(白井・具志堅スポーツ)   日本 OPBF女子ライトフライ級王座決定戦
5 2009年12月28日 3R 0:23 TKO 林煕淳   韓国
6 2010年5月17日 10R 判定0-3 天海ツナミ(山木)   日本 WBA女子スーパーフライ級タイトルマッチ
7 2011年5月8日 9R 負傷判定 柴田直子(ワールドスポーツ)   日本 OPBF女子ライトフライ級王座決定戦
8 2011年11月30日 6R 判定3-0 マイムアン・シットクルシン   タイ
9 2012年12月8日 4R TKO クリスティーン・ラトゥープ   フィリピン
10 2013年3月3日 5R 1:34 TKO ヨクファー・シットクルシン   タイ
11 2013年7月22日 8R 判定3-0 孫抄弄   韓国 OPBF東洋太平洋女子フライ級王座決定戦
12 2013年11月28日 10R 判定0-3 ナンシー・フランコ   メキシコ IBF女子世界ミニフライ級王座決定戦
13 2014年8月27日 6R 判定3-0 ペッチパヤ・モークルンテップトンブリ   タイ
14 2015年5月6日 7R 負傷判定1-2 池原シーサー久美子(フュチュール)   日本 WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ
15 2016年3月1日 5R 0:20 TKO ソーンサワン・サラカーンジム   タイ
16 2016年9月21日 10R 判定1-2 池原シーサー久美子(フュチュール)   日本 WBO女子世界ミニフライ級タイトルマッチ
17 2017年1月17日 4R 0:13 TKO スーダ・サックナロン   タイ
18 2017年5月19日 10R 判定3-0 塙英理加(UNITED)   日本 WBO女子世界ミニフライ級王座獲得
19 2018年3月8日 10R 判定2-0 パク・ジヒョン   韓国 WBO女子世界ミニフライ級王座防衛1
20 2018年12月1日 10R 判定0-3 多田悦子(真正)   日本 WBO女子世界ミニフライ級王座陥落
テンプレート

獲得タイトル

脚注

[ヘルプ]
  1. ^ 2017.1.17『DANGAN173 ルーキーズトーナメント決勝』”. BOXING RAISE. 2017年5月3日閲覧。
  2. ^ “江畑佳代子11・28世界王座決定戦”. 日刊スポーツ. (2013年10月19日). https://www.nikkansports.com/battle/news/p-bt-tp0-20131019-1206272.html 2017年9月17日閲覧。 
  3. ^ 弊社社員が女子ボクシングの世界チャンピオンに”. 株式会社クオラス (2017年5月19日). 2017年9月17日閲覧。
  4. ^ 内山高志 vs アンヘル・グラナドスのとダブル世界戦。
  5. ^ 女子トリプル世界戦のアンダーカード
  6. ^ G Legend 4
  7. ^ “ザ・カンムリワシ・ファイトvol.46 記者発表” (プレスリリース), 白井・具志堅スポーツジム, (2013年6月19日), http://sgsgym.blog.fc2.com/blog-entry-78.html 
  8. ^ “山口直子がV3戦 7.22後楽園ホール”. ボクシングニュース「Box-on!」. (2013年6月19日). http://boxingnewsboxon.blogspot.jp/2013/06/722.html 
  9. ^ 江畑がOPBF王者に!山口は1RKO勝ち【試合結果】王者山口はノンタイトル戦に変更へ 江畑vsソン OBPFフライ級T!つのだのりこ引退セレモニー!7.22 ザ・カンムリワシ・ファイトvol.46”. Lady Go!. 2013年7月22日閲覧。
  10. ^ “宮尾が3度目の防衛に成功!江畑は判定負け!天海が3RTKO勝利!【試合結果】11.28 宮尾綾香3度目の防衛戦、江畑佳代子の世界戦が決定!天海ツナミ出場決定!第47回フェニックスバトル”. Lady Go!. (2013年11月28日). http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/8072444.html 
  11. ^ “セミでOPBF王者江畑が判定勝利!【試合結果】OPBF王者江畑佳代子出場!8.27 DANGAN112 新宿FACE大会!”. Lady Go!. http://blog.livedoor.jp/ladygo1999/archives/8456538.html 2014年8月28日閲覧。 
  12. ^ “長井が中村に判定勝ち 女子の江畑は無冠戦に勝つ”. Boxing News(ボクシングニュース). (2014年8月27日). http://boxingnews.jp/news/17032/ 
  13. ^ “WBA王者内山高志&田口良一が5・6防衛戦”. 日刊スポーツ. (2015年3月20日). http://www.nikkansports.com/battle/news/1449455.html 
  14. ^ “39歳江畑 4度目世界挑戦実らず…引退表明”. スポーツニッポン. (2015年5月7日). http://www.sponichi.co.jp/battle/news/2015/05/07/kiji/K20150507010304610.html 
  15. ^ “花形冴美が王座奪回、秋田屋まさえは新王者”. Boxing News. (2016年3月1日). http://boxingnews.jp/news/35297/ 
  16. ^ “池原シーサーが江畑とV4戦、箕輪デビュー戦も”. Boxing News. (2016年8月22日). http://boxingnews.jp/news/40195/ 
  17. ^ “池原シーサー久美子がV4、江畑との再戦またも2-1”. Boxing News. (2016年9月21日). http://boxingnews.jp/news/41035/ 
  18. ^ “内藤未来がデビュー2連勝、江畑佳代子は再起”. Boxing News. (2017年1月17日). http://boxingnews.jp/news/44320/ 2017年3月13日閲覧。 
  19. ^ “41歳江畑と26歳塙が王座決定戦 WBO女子ミニフライ級/BOX”. サンケイスポーツ. (2017年4月19日). http://www.sanspo.com/sports/news/20170419/box17041918320003-n1.html 2017年5月3日閲覧。 
  20. ^ “WBO女子、41歳江畑が新王者 ミニフライ級”. デイリースポーツ. (2017年5月19日). https://www.daily.co.jp/ring/2017/05/19/0010204092.shtml 
  21. ^ “江畑佳代子が初防衛 営業マンと両立「証明したい」”. (2018年3月8日). https://www.nikkansports.com/battle/news/201803080000737.html 
  22. ^ “42歳の江畑佳代子が辛勝、WBO女子M・フライ級V1”. Boxing News. (2018年3月8日). http://boxingnews.jp/news/56166/ 
  23. ^ “多田、江畑破り新王者に WBO女子ミニマム級/BOX”. サンケイスポーツ. (2018年12月1日). https://www.sanspo.com/sports/news/20181201/box18120117350003-n1.html 

関連項目

外部リンク

空位
前タイトル保持者
真道ゴー
第3代OPBF東洋太平洋女子フライ級王者

2013年7月22日 - 2015年

空位
次タイトル獲得者
古川夢乃歌
第6代WBO女子世界ミニフライ級王者
在位期間
空位
(前タイトル獲得者:池原シーサー久美子
2017年5月19日 - 2018年12月1日多田悦子