宇佐 玄雄(うさ しずお/げんゆう、1886年4月15日 - 1957年2月14日)は、日本臨済宗精神科医医学博士)。京都三聖病院の初代院長。森田正馬の弟子で森田療法の実践者。

略歴編集

この頃、倉田百三(この時の体験が『神経質者の天国』になる)を治療

  • 1936年、神経質者の残像の研究で医学博士となる
  • 1957年2月14日、遷化

著書編集

  • 『説得療法』(人文書院、1936年)
  • 『癖の直し方』(人文書院、1939年)
  • 『神経衰弱と癖の療法』(人文書院、1940年)
  • 『精神病の看病法』(人文書院、1941年)

家族編集

子に宇佐晋一

参考文献編集

  • 宇佐晋一「森田療法と仏教」(『大法輪』1983年9月号)

関連項目編集

外部リンク編集