メインメニューを開く

宇佐美 忠信(うさみ ただのぶ、1925年10月31日[1] - 2011年11月10日)は、日本労働運動家。元ゼンセン同盟会長。

目次

略歴編集

東京都出身。高千穂経済専門学校(現高千穂大学)を卒業[2]

1946年富士紡績に入社。世界民主研究所で鍋山貞親の反共主義に影響を受け、全繊同盟の結成に参加した[要出典]

1971年、全繊同盟会長に就任。1980年全日本労働総同盟会長に就任。1987年、全日本労働総同盟を解散し、全日本民間労働組合連合会(連合)の結成により副会長に就任した[要出典]

国際自由労連副会長、国際労働財団理事長、日本会議代表委員も務めた[3]

1988年藍綬褒章受章。1996年勲一等瑞宝章受章[4]

2011年11月10日、肺炎のため死去。86歳没[2][5]。没日付で従三位に叙せられた[6]

著書編集

  • 志に生きる―足は職場に、胸には祖国を、眼は世界へ(富士社会教育センター、2003年

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 宇佐美忠信'”. コトバンク. 2011年11月11日閲覧。
  2. ^ a b “宇佐美忠信氏死去=ゼンセン同盟元会長”. 時事通信. (2011年11月10日). http://www.jiji.com/jc/zc?k=201111/2011111100032 2011年11月11日閲覧。 
  3. ^ 各界より日本会議
  4. ^ Amazon.co.jp: 志に生きる―足は職場に、胸には祖国を、眼は世界へ: 宇佐美 忠信: 本 著者略歴 2011年11月11日閲覧
  5. ^ “訃報:宇佐美忠信さん86歳=元ゼンセン同盟会長”. 毎日新聞. (2011年11月11日). オリジナルの2010年11月11日時点によるアーカイブ。. http://megalodon.jp/2011-1111-2244-34/www.mainichi.jp/select/person/news/20111111k0000m060136000c.html 2011年11月11日閲覧。 
  6. ^ 官報第5702号、2011年12月16日閲覧

関連項目編集