メインメニューを開く
宇田津砦

宇田津砦(うたづとりで)は、天正12年(1584年)の小牧・長久手の戦いの折り、徳川方が築いた砦の1つである。

概要編集

松平親乗が布陣した。非常に大きな平城だったと考えられており、その規模は東西三十四間、南北三十八間、総構は二町四方あったとされている。秀吉方の二重堀砦に近く、最前線に位置したことから、家康はこの砦と東西に位置する田楽北外山の2つの砦をつなぐ道を、新たに整備している。

なお現在遺構などはまったく残されていない。しかし砦があった場所に今ある住友理工の敷地内には、「哥津の森」と呼ばれる小さなが残されているが、一般公開はされておらず見学はできない。また住友理工敷地のすぐ横を流れる大山川には、小牧・長久手の戦いが名前の由来ではないかとされる(「不発橋[1])が架かっている。

所在地編集

愛知県小牧市東3丁目地内

交通手段編集

脚注編集

  1. ^ 読みは「うたずばし」

外部リンク編集