メインメニューを開く

宇都宮 時綱 / 上条 時綱(うつのみや ときつな / かみじょう ときつな)は鎌倉時代中期の鎌倉幕府御家人宇都宮頼綱の長男。後に上條氏を名乗る。

 
宇都宮時綱/上条時綱
時代 鎌倉時代中期
生誕 不詳
死没 宝治元年6月5日1247年7月8日
官位 美作
幕府 鎌倉幕府
主君 藤原頼経頼嗣
氏族 藤原氏下野宇都宮氏上條氏
父母 宇都宮頼綱稲毛重成の娘
兄弟 時綱横田頼業泰綱多功宗朝
藤原為家室、三条実房
三浦義村の娘
長高、時村、元朝、時親、泰親、景親

宇都宮家の家督は長男の時綱ではなく、北条時政の娘を母とする異母弟の泰綱が継いだ。河内郡の南半の一部を支配しており、宇都宮氏嫡流第二の実力者として活躍した。当時の河内郡の北半が下条、南半が上条と呼ばれており、時綱が上条氏を名乗った由来でもある。時綱は三浦義村の娘を室に迎えて三浦氏との関係を深め、美作守となる。妻の兄弟である三浦泰村執権北条時頼との対立宝治合戦で時綱は三浦陣営として戦い、敗れた後に源頼朝の法華堂において子の時村、泰親と共に自害した。

関連項目編集