メインメニューを開く

宇都宮県(うつのみやけん)は、1871年明治4年)に下野国東部・北部を管轄するために設置された。現在の栃木県東部・北部にあたる。

目次

概要編集

宇都宮県令の鍋島貞幹は、合併前から栃木県令を兼務し、合併後も引き続き栃木県令を務めた。栃木県に合併されたことで宇都宮は県庁所在地ではなくなったが、1884年になって栃木県庁が宇都宮に移転されることになる。

沿革編集

管轄地域編集

歴代知事編集

先代:
宇都宮藩
大田原県黒羽県
烏山県茂木県
行政区の変遷
1871年 - 1873年
次代:
栃木県