メインメニューを開く

守内 喜一郎(もりうち きいちろう、1882年明治15年)2月11日 - 1950年昭和25年)3月26日[1])は、日本教育者

守内 喜一郎
Portrait of Kiichiro Moriuchi (23 December 1936).jpg
誕生 (1882-02-11) 1882年2月11日
石川県上新川郡下野村(現・富山県滑川市
死没 (1950-03-26) 1950年3月26日(68歳没)
富山県滑川町吾妻町(現・滑川市)
職業 教育者教育学者
国籍 日本の旗 日本
最終学歴 広島高等師範学校本科英語部
代表作 『児童の生活形式』(1926年)
『協同社会教育の研究』(1934年)
配偶者 キヨ
子供 ユキ子(次女・占部実妻)、キヌ子(三女)、トシ子(四女)、ヨシ子(五女)、一郎(息子)
テンプレートを表示

目次

経歴編集

石川県上新川郡下野村(現在の富山県滑川市)出身[1]1908年(明治41年)、広島高等師範学校を卒業[2]大分県師範学校教諭、京都府師範学校教諭、広島高等師範学校助教諭・訓導、同教諭・訓導、同助教授を歴任した[2]奈良県女子師範学校校長、佐賀県師範学校校長を務めた後、1929年(昭和4年)に広島高等師範学校教授・附属小学校主事[2]1943年(昭和18年)に千葉師範学校校長となった[3]。退官後は郷里滑川町公民館長、教育長を務めた[1]

著作編集

 
守内喜一郎
著書
訳書
編書

脚注編集

参考文献編集

  • 帝国秘密探偵社編『大衆人事録 第14版』帝国秘密探偵社、1943年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第10版(下)』人事興信所、1934年。
  • 「守内喜一郎先生」滑川市役所東加積出張所編『東加積村誌』滑川市役所東加積出張所、1955年。

関連文献編集

  • 中川信一 「すぐれた教育学者 守内喜一郎」(郷土のひかり編集委員会編 『郷土のひかり : 滑川の人物誌1』 滑川市教育委員会、1982年3月)
公職
先代:
千葉県師範学校長
太田章一
千葉県女子師範学校長
額田登
  千葉師範学校長
1943年 - 1945年
次代:
大岡保三
先代:
(新設)
  千葉青年師範学校長
1944年 - 1945年
次代:
鴫原篤二
先代:
佐藤熊治郎
  広島高等師範学校附属小学校主事
1929年 - 1943年
次代:
森岡文策
先代:
張二男松
佐賀県師範学校長
1927年 - 1929年
次代:
山下直平
先代:
安達常正
奈良県女子師範学校長
1923年 - 1927年
次代:
立川伊三郎