安井侑子

日本のロシア文学者

安井 侑子(やすい ゆうこ、1938年3月21日[1] - 2019年2月8日[2])は、日本のロシア文学者神戸市外国語大学名誉教授。ソ連文学を専攻。

略歴編集

本姓・渡辺。安井郁の娘として東京に生まれる。母方の曾祖父は九鬼隆義、祖父は九鬼隆輝。1958年お茶の水女子大学哲学科在学中、国際レーニン勲章を受けた父の通訳としてモスクワに行き、そのままモスクワ大学卒、同大学院修了と、七年間滞ソ。渡辺雅司と結婚。1985年神戸市外国語大学助教授。1990年教授。2003年定年。墓地は神奈川県三浦郡葉山町長柄1600-6本立寺。

著書編集

翻訳編集

脚注編集

  1. ^ 『現代日本人名録』1987
  2. ^ “安井侑子さん死去 神戸市外国語大名誉教授”. 産経ニュース (livedoor ニュース). (2019年2月9日). オリジナルの2019年2月10日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/uCeQe 2019年2月10日閲覧。 

参考編集