メインメニューを開く

安井 至(やすい いたる、1945年2月23日 - )は日本工学者東京生まれ。国際連合大学名誉副学長。東京大学名誉教授。資源エネルギー庁原子力小委員会委員長、持続性推進機構理事長。前製品評価技術基盤機構(NITE)理事長。

目次

履歴および役職編集

  • 東京大学大学院工学研究科博士課程修了、工学博士(1973年)
  • 米国レンセラー工科大学博士研究員(1975~1977年)
  • 東京大学工学部助手講師を経て、東京大学生産技術研究所助教授教授(1990年)
  • 東京大学国際・産学共同研究センター教授(1996~2003年)、同センター長(1996~1999年)を経て、国連大学副学長(2003年~2007年)、同名誉副学長(2008年~)、科学技術振興機構研究開発戦略センター上席フェロー(2008年~2009年)。
  • 2009年4月より2015年3月まで製品評価技術基盤機構理事長。
  • 日本LCA学会副会長(2007年〜)

専門分野、活動編集

セラミックス分野(非晶質構造論、材料設計、計算機材料科学)、人間地球環境系の研究の他、一般市民に対して判りやすく環境問題を解説するホームページを運営している。

マイナスイオンについての、疑似科学的な宣伝活動についても批判している。

ダイオキシンについて東京大学大学院医学系研究科疾患生命工学センター教授遠山千春と論争をしている。[1]

太陽光発電や風力発電に否定的。本命は地熱、次点は中小水力という持論。[要出典]

著書編集

単著編集

共著編集

翻訳編集

編集編集

監修編集

家族編集

外部リンク編集